to 日記と感想 理想の老人、理想の老年
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


理想の老人、理想の老年 ++++++++ 所感

2007/11/03 07:24

071103(土)38回目の結婚記念日。5時半起床。●朝の黙想「理想の老年」。シメオンとロイス●昨夜、妻と「老年の過ごし方」について話し合ったからか●朝風呂で日経「私の履歴書」野村証券元会長の田淵節也。「魚雷艇の特攻要員として訓練されたがで死にそこなった」ということだけあって、その後の人生の苦難にも腹が座っている。「取り調べ」にあっても「そうですねー、そうですねー」という姿勢は見上げたもの。●人間はどんな人でも叩けばほこりがでるものだ。無意識の内に蟻を踏み殺してしまう。そんなとき「しょうがないじゃーないですか」と言わないで「そうですねー、気をつけて歩かなければならないですねー」と言ってその場をかわさなければならない。「取調官」の立場というものもある。●人間は一度は「死に目に合わなければ」、すぐれた人生観を得られない。●「理想の老人」、「理想の老年」について、聖書中の二人を思う。男性はシメオン。


塚本訳ルカ 2:25-32
2:25 さて(そのころ)エルサレムに名をシメオンという人がいた。この人は正しい、
信心深い人で、イスラエルの慰め(である救世主)を待ち望み、聖霊が彼をはなれなかった。
2:26 かつ主の救世主を見ないうちは決して死なないと、かねて聖霊からお告げを受けていた。
2:27 (この日)御霊に感じて宮に行くと、ちょうど両親が、律法の仕来りどおり幼児イエスに行おうとして彼をつれて入ってきたので、
2:28 シメオンは幼児を両腕に抱き、こう言って神を讃美した。──
2:29 今こそ、
主よ、あなたはこの僕をしてお言葉のとおり安らかに(この世に)暇乞いをさせてくださいます、
2:30 わたしの目が『もうあなたの救いを拝見しました』からです。
2:31 この救いこそ、あなたが『全人類の(ため、その)目の前で』用意されたもの、
2:32 『異教人には啓示を、』あなたの民『イスラエルには栄光をあたえる』『光』であります。


●カールヒルティは、理想的な死に方は「(有意義な)仕事をしている最中に召されること」であると言っている。現に彼は「永遠の平和」という論文を執筆中に心臓麻痺で召された。1909年、76歳であった。「もし天国というところがあればただひとりの人、妻のヨハンナにだけ会いたい」と言っていたその夫人に先立たれて12年後のこと。●ヒルティ著作集(白水社)の第10巻(1979年)に「老年について」という論考がある。 この巻の月報には拙論「無教会主義の系譜におけるヒルティ」がある●現在編集中の「藤林益三」という本の編集長の津上毅一氏は、94歳でありながらワープロを打たれて執筆に余念がない。「内村、塚本、浅見、藤林」の系譜に「三位一体の信仰」があることを発見したといって情熱を傾け「自分がこの年齢になるまで生かされてきた意味がわかった」とまで言っておられる。●この二人が私の理想の老年、理想の老人。●次は「祖母ロイス」


 口語訳 Ⅱテモ1:5-7
1:5 また、あなたがいだいている偽りのない信仰を思い起している。この信仰は、まずあなたの祖母ロイスとあなたの母ユニケとに宿ったものであったが、今あなたにも宿っていると、わたしは確信している。
1:6 こういうわけで、あなたに注意したい。わたしの按手によって内にいただいた神の賜物を、再び燃えたたせなさい。
1:7 というのは、神がわたしたちに下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。


●テモテは新約聖書で有名であるが、その信仰の源流は祖母ロイス。テモテはその孫。信仰が本物だと、孫に伝わる。「テモテへの手紙」を読むときは祖母ロイスと母ユニケのことを思わなければならない。●11:00妻と連合設計社市谷建築事務所に 行って「吉田桂二個展」を鑑賞。英国コツウェルの風景。吉田桂二にぜひそこに旅するように勧められた●15:00大井町の「きゅりあん」で「早稲田大学グリークラブOBメンバーズ演奏会」に行く。超難曲が多かった。守も指揮をした。●穂澄さんと和歌が私たちの結婚記念日(38回目)を祝して食事をしてくれた。●愛子から私たちの38回目の結婚記念日へのメッセージ。「決して実家に戻ってきてはいけないと厳しく説教してくださりありがとうございました。」という。●岩波新書、熊野純彦著「西洋哲学史」(近代から現代へ)。第15章ハイデガー、ウィトゲンシュタイン、レヴィナス。「哲学」はこれで終了。結論は「哲学には救いなし」。心は広くなることは有益であるが、また反対に争いのもとにもなる。知識は救いではない。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<イエスを神の子と信じられるようなった理由 | Top | メール故障しました。>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/600-e7c9410b
FC2blog user only
| Top |
0814