to 日記と感想 人生の諸段階
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


人生の諸段階 ++++++++ 所感

2007/11/06 08:18

071106(火)、昭和女子大講義日。昭和女子大は財務力、教育力、就職力の総合点で女子大のトップになった(東洋経済10月13日号)。講義中に親父ギャグなど言っているとマズイか。「逆(ギャグ)もまた真なり」だから、マー赦されるか。●4時半起床。朝の黙想「人生の諸段階」。人生の段階を書いたものには種々ある。ヒルティ幸福論Ⅱ所収「人生の段階」、バンヤン「天路歴程」(ピルグリム・プログレス)、ダンテ「神曲」、塚本虎二「信仰の4段階」など。●私自身は次のように考える。それは神に出会う段階。塚本虎二は「人生は神に出会うように始まり、そして終わる」と言っている。人生の目的は神に出会うことだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1・神を求めはじめる段階。・・・・今までの行き方に満足しない、満たされない。バンヤン「天路歴程」の主人公は両方の耳に指をつっこんで妻子の引き止めるのも聞かず永遠の生命、永遠の生命!」と叫んで家を飛び出して、「天路歴程」の旅に出る。ゲーテ「ファウスト」の冒頭、どんな学問をやってもつまらないと主人公は言う。ダンテ「神曲」の冒頭、主人公は自分が「とある小暗い森の中にいる」ことを知る。彼らはすべて「これではいけない」「このままではいけない」と感じる。この思いが人生の出発である。賛美歌に「めさめよわが魂、朝日にともない」というのがある。キリスト教を覗き見する段階。


塚本訳マタ 6:33
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。


塚本訳マタ 7:7-10
7:7 (ほしいものはなんでも天の父上に)求めよ、きっと与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。
7:8 だれであろうと、求める者は受け、さがす者は見つけ、戸をたたく者はあけていただけるのだから。
7:9 あなた達のうちには、自分の子がパンを求めるのに、石をやる者がだれかあるだろうか。
7:10 また魚を求めるのに、蛇をやる者があるだろうか。


塚本訳 ルカ 19:2-4
19:2 すると、(町に)名をザアカイという人がいた。この人は税金取りの頭で、金持であった。
19:3 イエスがどんな人か見ようとしたが、背が低いので、群衆のため見ることが出来なかった。
19:4 それで先の方に駈けていって、桑無花果の木に上った。そこを通られるところを見ようとしたのである。


2・神に招かれる段階。・・・人間は人生の不満のとき、心が乾くときがある。それは今までの人生観や生き方が「本物」ではなかった証拠。論より証拠である。ギブアップすべきときである。そんな時こそ神の招きの言葉が染み入りやすい。それは神の招きがあるとき。


マタ   11: 28 [塚本訳


さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。


塚本訳 マタ 5:3-8
5:3 ああ幸いだ、神に寄りすがる『貧しい人たち、』天の国はその人たちのものとなるのだから。
5:4 ああ幸いだ、『悲しんでいる人たち、』、(かの日に)『慰めていただく』のはその人たちだから。
5:5 ああ幸いだ、『踏みつけられて)じっと我慢している人たち、』、『(約束の)地(なる御国)を相続する』のはその人たちだから。
5:6 ああ幸いだ、神の)義に飢え渇いている人たち、(かの日に)満足させられるのはその人たちだから。
5:7 ああ幸いだ、憐れみ深い人たち、(かの日に)憐れんでいただくのはその人たちだから。
5:8 ああ幸いだ、『心の清い人たち、』(御国に入って)神にまみえるのはその人たちだから。


塚本訳 ルカ 19:5-7
19:5 イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」
19:6 ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。
19:7 皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取った、と言ってぶつぶつ呟いた。


3・神の救いが与えられるとき。・・・・十字架の救いによる超自然的な新生が起こる。霊の新生。なぜそうなるのかその理由はわからない。医学的には解明できない不思議なこと。神の主権により与えられる神秘的なこと。新しい霊の誕生のこと。


塚本訳  ヨハ 3:5-8
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」


塚本訳 ヨハ 1:12-13
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである


塚本訳 Ⅰヨハ5:4-5
5:4 というのは、すべて神(の力)によって生まれたものは、(掟に反抗する)この世(の悪の力)に勝っているからでる。そしてこの世に勝った勝利、それはわたし達の信仰。


4・目が開く、イエスを神の子と信じられるようになる。・・・・この霊の誕生は神秘的で不思議なること。医学的には解明できない超自然的なこと。


塚本訳 Ⅰコリ12:3
12:3 だから(霊の見分け方について、)あなた達に次のことを知らせる、神の霊に感じて語る者は、だれも 呪われよ、イエス!とは言わない、また聖霊に感じてでなければ、だれも、イエスは主と言うことは出来ない。


塚本訳 マタ 16:16-17
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。


5・自分の変化を告知するようになる。・・・やむにやまれず伝承者、宣教者、祭司となる。


塚本訳  マコ 5:19
5:19 しかし許さずに言われた、「家に帰ってうちの者に、(神なる)主があなたを憐れんで、どんなにえらいことをしてくださったかを、知らせてやりなさい。


塚本訳  ルカ 19:8-10
19:8 しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。
19:9 イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなしのように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。
19:10 人の子(わたし)は『滅びうせた者をさがして』救うために来たのである。」


塚本訳ヨハ 9:25
9:25 彼が答えた、「罪人かどうか知りません。ただ、(もと)盲であったわたしが、いまは見えるという、この一つのことだけ知っています。」


塚本訳 ロマ 10:15
10:15 (神に)遣わされなければ、どうして説くことができようか。(しかし説く者はある。それはわたし達である。『善いこと[福音]を伝える人たちの足の、なんと美しいことよ!』と書いてあるとおりである。


塚本訳 Ⅰペテ2:5
2:5 そして君達自身も(主と同じく)活きた石として建てられて、霊の家となれ。これは君達が聖い祭司として、イエス・キリストによって神の御意に適う霊の供物を献げるためである


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●ミッシャマイスキーのチェロでバッハ「無伴奏チェロソナタ」を鑑賞


●湯浅鉄郎氏のブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/trntim/folder/584389.html)の11月4日に、森寛子なる人物の紹介があり、プロテスタント的祭司の典型と思われたのでここに転載させていただく。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 集会(礼拝)では、1999年にキリスト教放送局FEBCで放送された番組、加藤常昭先生による「み言葉を生きた人々」というシリーズの中の「森寛子」の第二話(CD)を聞く。

森寛子(1864-1943)は明治維新の中心人物のひとり岩倉具視の五女、旧久留米藩主有馬頼万(よりつむ)と離婚後、森有礼(初代文部大臣)と再婚(有礼も再婚)、森有礼の後妻となって先妻の2人の子を育て、有礼との間に三男「明」を与えられた。有礼は42歳で刺殺され、結婚生活はわずか1年7ヶ月であった。
寛子はその後三男明(後に牧師となる)と共に植村正久牧師より1904年市ヶ谷教会で受洗。

フランス文学者であり哲学者、そして何よりも真摯なキリスト者であった森有正、日本YWCA元会長関屋綾子は森明の子、寛子の孫にあたる。

寛子は祈りの人であった。晩年は自宅で病臥する生活が続いたが毎日朝2時間、夕方1時間、敷きっ放しの布団の上に聖書を開き端座し、み言葉を拝読しながら祈り続けたという。

寛子61歳のとき、実子である三男明(37歳)と死別。悲しむに沈み、眠れない夜が続く寛子に孫娘の関屋綾子は祖母と一緒の部屋で寝たいと申し出たという。祖母はこれを大変喜び、綾子は祖母の部屋でしばらくの期間一緒に寝るようになった。

そんなある夜、綾子がふと目を覚ますと、祖母森寛子の祈りの声が聞こえた。そこには、50人以上にもおよぶ甥や姪の名を挙げて、具体的に一人一人の救いのために必死に祈っている寛子がいた。この体験が関屋綾子の人生にも忘れることのできない霊的体験となった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ●ボヴィス・レンドリースのJ・ディキソン氏に電話。国際人。●午後は昭和女子大で講義。建築上のギャグを発したが笑ってもらえなかった。全員わかっちゃいない。がっくりきたので同僚の講師に嘆きを漏らしたら「そういう時は教師を立てよ」(少しは笑えの意味)と言ったほうがいいと言われたのだが。・・・・・帰宅19:40.


 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


<<身代わりの祈りに効果あり | Top | イエスを神の子と信じられるようになった人>>




Comment
森寛子は祈りの人でした。そしてその祈りの多くは「執り成しの祈り・代祷」ではなかったかと想像します。

マルコ2:1-5(口語訳)
2:1 幾日かたって、イエスがまたカペナウムにお帰りになったとき、家におられるといううわさが立ったので、
2:2 多くの人々が集まってきて、もはや戸口のあたりまでも、すきまが無いほどになった。そして、イエスは御言を彼らに語っておられた。
2:3 すると、人々がひとりの中風の者を四人の人に運ばせて、イエスのところに連れてきた。
2:4 ところが、群衆のために近寄ることができないので、イエスのおられるあたりの屋根をはぎ、穴をあけて、中風の者を寝かせたまま、床をつりおろした。
2:5 イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。

5節「イエスは彼らの信仰を見て」がキーワードではないでしょうか。孫の森有正や関屋綾子がキリスト者として生涯を生き抜いた背後には、主イエスが寛子の信仰をご覧になり、その祈りにお応え抜いてくださったのではないでしょうか。

そして、すべては聖霊なる神が常に寛子と共におられて働いていてくださったからではないでしょうか。

ロマ8:26-27(新改訳)
8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。
8:27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。
【2007/11/06 10:37】 URL | 3927 [ 編集] | top▲


貴兄が11月3日のブログで言及されたテモテの母ロイスと母ユニケの信仰ここにあり!
【2007/11/06 15:00】 URL | 3927 [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/603-976b2ca4
FC2blog user only
| Top |
0814