to 日記と感想 何をしてもつまらない
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


何をしてもつまらない ++++++++ 所感

2007/11/09 07:39

071109(金)6時起床●朝の黙想「人生がつまらないとき」。人生はあるときなにもかもつまらなくなるときがある。何をやってもむなしいときがある。それは災いのときである。そんなとき人間は心の渇きを癒そうとする行動に走る。遊び、刺激、スポーツ、異性、恋愛、社会運動、趣味習い事、金儲け、酒、タバコ、ゴルフ、賭け、マージャン、ゲートボール、教会での遊びとお祭り、自慢話のおしゃべり、映画、テレビ漬け、意味のない集まり、奉仕、ボランティア活動、暇つぶし、・・・・モーなんでもよい。自分を満たしてくれるものであればなんでもよい。刺激がるものであれば何でもよい。一生懸命になれるものであればなんでも良い、生きがいを与えてくれるものならば何でも良い。●しかしそれで満たされない。長続きしないのがその証拠。人間は生まれつきのままの状態では心の渇きが癒されないことは、古典によく現れている。大抵はその本の冒頭にそれが書いてある。ダンテ「神曲」、バンヤン「天路歴程」、ゲーテ「ファウスト」。人生というのはそれから求道が始まる●このことを簡潔にかつ真理をずばり書いてあるのが新約聖書ヨハネ福音書4章13-14節である。この女性は人生を遍歴してついにイエスに出会った。命の君に巡り合った。幸いなるかな惨めな人生よ。見られない人生よ。ずたずたの人生よ。失敗の人生よ。悔やまれる人生よ。恥の人生よ。人間に後ろ指指される人生よ。実はそれが幸いして永遠の命に導かれるようになったのだ。真の食物。真の水を得て「魂の乾き」を癒されたのだ。


塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」


●これをTSK日本語ヴァージョン(拙HPから導ける。無料)で拡大調査探求する。するとピンと来るものがある。


13節


John 6:27:
朽ちる食物のためではなく、永遠の命に至る朽ちない食物のために働くがよい。これは人の子があなたがたに与えるものである。父なる神は、人の子にそれをゆだねられたのである」。


John 6:49:
あなたがたの先祖は荒野でマナを食べたが、死んでしまった


Isaiah 65:13:
それゆえ、主なる神はこう言われる、「見よ、わがしもべたちは食べる、しかし、あなたがたは飢える。見よ、わがしもべたちは飲む、しかし、あなたがたはかわく。見よ、わがしもべたちは喜ぶ、しかし、あなたがたは恥じる。


Isaiah 65:14:
見よ、わがしもべたちは心の楽しみによって歌う、しかし、あなたがたは心の苦しみによって叫び、たましいの悩みによって泣き叫ぶ。


Luke 16:24:
そこで声をあげて言った、『父、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先を水でぬらし、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの火炎の中で苦しみもだえています』。


14節


John 6:35:
イエスは彼らに言われた、「わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決してかわくことがない


John 6:58:
天から下ってきたパンは、先祖たちが食べたが死んでしまったようなものではない。このパンを食べる者は、いつまでも生きるであろう」。


John 11:26:
また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。


John 17:2:
あなたは、子に賜わったすべての者に、永遠の命を授けさせるため、万民を支配する権威を子にお与えになったのですから。


John 17:3:
永遠の命とは、唯一の、まことの神でいますあなたと、また、あなたがつかわされたイエス・キリストとを知ることであります。


Isaiah 49:10:
彼らは飢えることがなく、かわくこともない。また熱い風も、太陽も彼らを撃つことはない。彼らをあわれむ者が彼らを導き、泉のほとりに彼らを導かれるからだ。


Romans 6:23:
罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。


Revelation of John 7:16:
彼らは、もはや飢えることがなく、かわくこともない。太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。


John 7:38:
わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。


John 7:39:
これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊がまだ下っていなかったのである。


John 10:10:
盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである


John 14:16:
わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう


Romans 5:21:
それは、罪が死によって支配するに至ったように、恵みもまた義によって支配し、わたしたちの主イエス・キリストにより、永遠のいのちを得させるためである


Romans 8:16:
御霊みずから、わたしたちの霊と共に、わたしたちが神の子であることをあかしして下さる。


Romans 8:17:
もし子であれば、相続人でもある。神の相続人であって、キリストと栄光を共にするために苦難をも共にしている以上、キリストと共同の相続人なのである。


II Corinthians 1:22:
神はまた、わたしたちに証印をおし、その保証として、わたしたちの心に御霊を賜わったのである


Ephesians 1:13:
あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、すなわち、あなたがたの救の福音を聞き、また、彼を信じた結果、約束された聖霊の証印をおされたのである


Ephesians 1:14:
この聖霊は、わたしたちが神の国をつぐことの保証であって、やがて神につける者が全くあがなわれ、神の栄光をほめたたえるに至るためである。


Ephesians 4:30:
神の聖霊を悲しませてはいけない。あなたがたは、あがないの日のために、聖霊の証印を受けたのである。


I Peter 1:22:
あなたがたは、真理に従うことによって、たましいをきよめ、偽りのない兄弟愛をいだくに至ったのであるから、互に心から熱く愛し合いなさい。


I John 5:20:
さらに、神の子がきて、真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さったことも、知っている。そして、わたしたちは、真実なかたにおり、御子イエス・キリストにおるのである。このかたは真実な神であり、永遠のいのちである


●松本部長から「技術講座」発足決定の話●昼は村松秘書、佐野監事と懇談。昨日音楽会で写した美智子皇后の写真を見せる●先日も今日も帰途に車中で居眠りして乗り越す。


 


 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<老化現象の悩み | Top | 人生、失敗したら大泣きすればよい>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/606-6777bd28
FC2blog user only
| Top |
0814