to 日記と感想 心の平和はいかにして来るか
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


心の平和はいかにして来るか ++++++++ 所感

2007/11/12 07:56

071111(月)6時起床●朝の黙想「心の平和はいかにして来るか」●人間は心の平和を求める。争いから逃れて心の平和を願う。●人の世の争いの数々。国家間、南北間、宗教間、宗派間、政党間、企業間、学術間、男女間、夫婦間、親子間、兄弟姉妹間、親戚間、信者間、社員間、上司部下間・・・・・などなど、この世は争いが普通、いがみ合いが普通、戦いが普通。共通点は自分のほうが偉い、正しい、上手、一枚上、優秀、相手は不足、あの人はだめだなー、という自負。しかし争いは悩み。この「苦」から逃れるのはどうしたらよいのか●なまじの方法では平和はこない。この解決にはヒューマニズムや音楽芸術などでは目的を達しない。道徳や教訓も無理。儒教倫理でも無理。相手から逃れるという手段は現実的だが、逃げてもまたそこで新たな争いが起こる。人間は人間であるときどこに行っても争いの苦から逃れられない。●聖書はどう言うか。Jバイブルで「平和」をヒットし、心に感じるものをコピーする。新約聖書は人間の「心の平和」がありうることを教えてくれる。


マタ   10: 34 [塚本訳


地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。


ルカ   1: 79 [塚本訳


『暗やみと死の陰とに住まう人々を照らし、』われらの足を『平和の道』へと導くであろう。


使    9: 31 [塚本訳


さて、集会は(サウロの回心と共に)ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤ全体を通じて平和を得、基礎が固まり、主を恐れて日を過ごし、(迫害の後に)聖霊の慰めをうけて信者の数がふえていった。


使    10: 36 [塚本訳


『神は御言葉をイスラエルの』子孫に『おくり、』イエス・キリストをもって、『(御自分との間の)平和の福音を伝えられました。』──イエスは万人の主であります。──


ロマ   5: 1 [塚本訳


だから、わたし達は信仰のゆえに義とされたのであるから、わたし達の主イエス・キリストによって、いま神と平和ができた


ロマ   15: 33 [塚本訳


平和の神があなた達一同と共においでになるように、アーメン。


ロマ   16: 20 [塚本訳


平和の神が間もなく悪魔をあなた達の足の下に踏み砕かれるであろう。わたし達の主イエスの恩恵、あなた達と共にあらんことを。


Ⅰコリ  7: 15 [塚本訳


しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはいない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心ではない。)


Ⅰコリ  14: 33 [塚本訳


(その霊をお与えになった)神は無秩序の神でなく、平和の神だからである。聖徒の集会全体での(習わしの)ように、


Ⅱコリ  13: 11 [塚本訳


それでは、(愛する)兄弟たちよ、御機嫌よう。正しい道にもどってくれ。自分を戒めよ。思いを同じくせよ。平和を保て、そうすれば、愛と平和との神が一緒にいてくださる。


ガラ   5: 22 [塚本訳


しかし霊の実は愛、喜び、平和、寛容、親切、善良、忠実、


エペ   2: 14 [塚本訳


何故なら、彼(キリスト)が私達の』平和』であって、(今まで離反していたイスラエルと異教人の)両者を一つにし、(その仲を割いていた)仕切りの籬なる敵意を取り除け給うたからである。すなわちその肉で、


エペ   2: 15 [塚本訳


(あらゆる)命令規則から成る律法を廃止し給うたのである。これは(今まで敵であった)この二つの者を己において一つの新しい人に創造りかえて平和を作るため、


エペ   2: 17 [塚本訳


且つ来て、『遠い』君達に『平和の福音を宣べ、また近い者にも平和の福音を宣べ給うた』のである。


エペ   4: 3 [塚本訳


平和の帯によって(結ばれて)御霊の(与うる)一致を保つよう努力せよ。


エペ   6: 15 [塚本訳


和の福音の用意を』(靴として)『足に』穿いて立て。


エペ   6: 23 [塚本訳


願う、父なる神及び主イエス・キリストよりの信仰と共に平和と愛とが、兄弟達にあらんことを


ピリ   4: 9 [塚本訳


君達が学びまた伝えられ、私に聞きまた見たことは、(すべて)これを行え。そうすれば平和の神が君達と共にいまし給うであろう


コロ   1: 20 [塚本訳


その十字架の血によって平和を作り、彼によって地上のものも天上のものも、万物を(悉く)彼によって御自分と和睦させようと決心し給うたからである


コロ   3: 15 [塚本訳


またキリストの平和に君達の心を心配せよ。君達もまた一体としてこの平和に召されたのである(から)。また(神に対し)感謝深くあれ。


Ⅰテサ  5: 23 [塚本訳


願わくは、平和の神自ら君達を潔め尽くし、私達の主イエス・キリストの来臨の時咎められることの無いように、君達の霊と心と体を完全に守り給わんことを。


Ⅱテサ  3: 16 [塚本訳


願わくは、平和の主自ら、何時如何なる場合においても、君達に平安を与え給わんことを!主が君達一同と共に在し給わんことを!


Ⅱテモ  2: 22 [塚本訳


だから若い時の情欲を避け、潔い心で主を呼び求むる者と共に義、信仰、愛、平和を追い求めよ


ヘブ   11: 31 [塚本訳


信仰によって、遊女ラハブは(イスラエルの)間諜を平和をもって歓迎したので、不従順な(国)人と一しょに滅びなかった。


ヘブ   12: 14 [塚本訳


すべての人との『平和を追い求めよ』、また聖潔を。聖潔がなければ、だれも主にまみえることはできない。


ヤコ   3: 17 [塚本訳


上からの知恵はまず聖く、次に平和を好み、親切で、温順で、憫れみと善き果実に満ちて居り、党派根性がなく、偽善でない。


ヤコ   3: 18 [塚本訳


そして(この)義の果実は平和を作る人(の心)に、(神によって)平和の裡に播かれるのである。


Ⅰペテ  3: 11 [塚本訳


悪を避け、善を行え、平和を探し、追い求めよ


●秋田県の快挙。全国学力テストで秋田県が一位。しかも秋田県は塾が少ない。その理由。テストの結果をパソコンに入れて分析し弱点を補強する。学校の熱心とIT技術の結果こうなった。それから、家庭学習を強化、家庭学習ノートに先生の赤ペンが入る。ベテラン教師が教室を回ってアドバイス。いずれにしても学校側の熱心。●総合研究所の松本部長、橋本次長と打ち合わせ会議をする。



 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<印としての人生 | Top | イエスを神の子と信じおられるのは神秘的な人>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/609-08129e48
FC2blog user only
| Top |
0814