to 日記と感想 印としての人生
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


印としての人生 ++++++++ 所感

2007/11/13 09:18

071113(火)5時半起床●朝のひらめき「印としての人生」●朝風呂で日経「私の履歴書。野村証券元会長の田淵節也。田淵氏の知人の猛烈社員のこと。出世したが、晩年は車椅子。・・・・・これを読んで、お金も地位も健康や命の足しにはならないものだなーと感じた。聖書的には次の箇所だ。


新共同 ルカ 12:15
12:15 そして、一同に言われた。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」


塚本訳 ルカ 12:15
12:15 人々に言われた、「一切の貪欲に注意し、用心せよ。いかに物があり余っていても、財産は命の足しにはならないのだから。」


●これに比べて、社会的地位がなく、貧困であっても神を信じて心が豊かで喜びの生活をしているものは幸福だ。然り、車椅子の生活になっても平安と喜びがある。そしていきつく先は「永遠の生命」だ。●今朝は妻と老後の相談。経済、住居などなど。「私のほうが先に逝くから看取ってもらいたい」というと妻が「それはわからない。私の方がポックリ先に逝くかもわからない」という。●ヒルティが夫人に先立たれたのは64歳のときで、ちょうど今の私の年齢。それからヒルティは12年間生き延びた。晩年は娘さんの世話になっていたようだ。夫人の死に際してヒルティは「私は半分になった。不完全になった」と嘆いた。そして「もし天国というところがあるならば、妻とだけ会いたい」と言っている。ヒルティの結婚生活は美しかった。成功であった。●聖書の翻訳はインターネットで無料で読める時代になった。私のHPからBbBで日本語聖書は7種類。同じく「便利なサイト」から英訳は13種類が読める。●集会の94歳になる篤学の方から、ギリシャ語でアクセント記号のあるものがほしいという要望。インターネットで無料でアクセスできるものはないものだろうか。どなたかご存知の方がおられたらお教えください。●グーテンベルグによる印刷機の発明が宗教改革の下支えになったように、IT革命によるインターネットでの聖書読みが新たな革命をもたらすかもしれない●私のパソコンが不調で修理に出しているが「重症」との連絡が入る。各種データは確保できるが、OSの入れなおしのために,アプリケーションプログラムの「Jバイブル」と「ソード」はまた入れなおさなければならない。●この世で苦労するものは肉体の病気とパソコンの故障。天国にはパソコンの悩みなし。●朝のひらめき「印としての人生」について聖句が浮かぶ。


塚本訳 ルカ 2:34-35
2:34 シメオンは両親を祝福し、母マリヤに言った、「驚きなさるなよ、この幼児はイスラエルの多くの人を、(この方に対する態度によって)倒されたり立たせたりする、また、一つの目印となって(この世の烈しい)反対をうける、使命を負わされているのです。──
2:35 (母人よ、)あなたも劔で胸を刺しつらぬかれ(る苦しみをせ)ねばなりますまい。──これは多くの人の心の(隠れた)考えを外に出させるためなのです。」


塚本訳 Ⅱコリ2:14-15
2:14 しかし神に感謝せねばならない。神はいつでもわたし達をキリストによる凱旋行列に(虜として)引き回し、至る所でわたし達を通して御自分を知らせる知識の薫りをお広めになる。
2:15 というのは、わたし達は救われる者の間でも、滅びゆく者の間でも、神にささげられるためのキリストのよい薫である


口語訳 エペ 5:2
5:2 また愛のうちを歩きなさい。キリストもあなたがたを愛して下さって、わたしたちのために、ご自身を、神へのかんばしいかおりのささげ物、また、いけにえとしてささげられたのである


塚本訳  マタ 5:14
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない


●14:50昭和女子大建築講義。2コマ。●19:30帰宅して図書館でヘロドトスの「歴史」を借りる●ノジマで修理なったPCを受け取る。明日各種アプリけーションをインストールする●妻は月本昭男先生の「旧約講義」。非常に面白いという。山口喜代子さんと一緒。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<私を嫌う人々 | Top | 心の平和はいかにして来るか>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/610-c7bafb8a
FC2blog user only
| Top |
0814