to 日記と感想 人生って悲しいものだなー
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


人生って悲しいものだなー ++++++++ 所感

2007/11/16 07:39

071116(金)5時45分起床。朝の黙想「人生って悲しいものだなー」●朝風呂で日経「私の履歴書」は野村証券元会長の田淵節也。野村の海外進出。世界に通用する一流の金融会社になっていく様。・・・・・証券会社の本質は「金儲けの予想屋」。しかし軽蔑してはいけない。人間は生きている間は「金儲け」が大切。これをバカにするものは神の国にも役立たない。●私の知人で野村証券の人が結婚の挨拶に塚本先生宅に伺ったときのこと。先生は彼の顔を見て、「君は聖書の勉強よりも、会社の仕事を一生懸命にやって、人から後ろ指を指されない人間になりなさい」と言われたという。彼は仕事を熱烈にやって取締役にまでになった。イエスの言葉を思う。


塚本訳 ルカ 16:9-13
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか
16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。」


●ただし彼の場合、その金儲けが、自分が神の国に入るための準備になっていたのかどうか疑問。単なる金儲けだけであってはダメなのだとイエスは言う●人間はお金に対する姿勢で信仰が計られるものだ。●国会証人喚問で、元防衛事務次官の守屋氏は宴会の席に連なった政治家の名前を2名挙げた。これに対して福田首相は「こういうことは政治家にとってよくあること」と言って取り合わなかったが正解。とかく批判という批判はまず相手をやり込めようという魂胆が先にあって、何か失策がないかと荒探しを始めるのだ。憎い相手の「塵」を探してそれを「あげつらう」のだ。国事を扱う国会の大切な時間をこのようなことばかりで費やすのはそれこそ税金の浪費だ●「悪事をあぶりだして膿をだすのだ」と正義ぶっているがそれは危ない。こういう場合、批判者は自分の失策を棚に上げているからだ。神は批判者自身の失策を追求して罰す。聖書には次のようにある。


塚本訳 マタ 7:1-4
7:1 (人を)裁くな、自分が(神に)裁かれないためである
7:2 (人を)裁く裁きで、あなた達も裁かれ、(人を)量る量りで、あなた達も量られるからである
7:3 なぜあなたは、兄弟の目にある塵が見えながら、自分の目に梁があるのに気付かないのか。
7:4 また、どうして兄弟にむかって、『あなたの目の塵を取らせてくれ』と言うのか。そら、自分の目に梁があるではないか。


●NHKはじめマスコミはスキャンダルや疑獄事件を「話題」にしたがるのは世論におもねっているから。そういうことに興味を持つ国民の程度の低さが問題。また宴席に連なった程度のことで与党を追求している野党の策のなさよ。●こういうことの批判をかわそうとするから「役人」は何もしないのが無難で危ない橋を渡らないように生きるのが性格となる。だから民間に天下っても使い物にならない。●人間が、批判するという魂胆には相手に対する「妬み」ということが原因。かっての山本七平(イザヤ・ベンダサン)、海野義男(ヴァイオリンニスト)はその実力を妬まれて批判された。●「人生って悲しいものだなー」について黙想。何が悲しいか。「悲しみのカタログ」は次のとおり。病(身体や精神)、罪、貧、醜(容貌、性格、家系、過去)、争(非難、中傷)、不幸(挫折、失敗、不運、不幸、災難)、不足、離反(別離、反抗、反逆)、孤独、老、死、・・・・アー、人生の旅って楽しいことはなくて悲しいことの連続だ。これは全部私の経験したものだ。しかしその旅の途上で不思議に「イエス」に出会ったことは救いであった。イエスを「神の子」と信じられる幸いを頂いた。新約聖書はこの「悲しみのカタログ」に対してイエスがどうしたが書かれている。そして根本的な解決を行った。それは十字架による罪の赦しと復活。そして永遠の生命を指差す。●キリスト教はこれら「悲しみのカタログ」に対して超然とせよということは言わない。厭世観ではない。この世で具体的に癒してくれるのだ。神を信じれば美人になれる(!)。痩せられる(笑)、お金が儲かる(!)、すばらしい人と結婚できる(!)、病気が直る、仕事が面白くなる、生きがいが増す、孤独が癒される。・・・・・その聖書的根拠は次のとおり。


塚本訳 ルカ 18:28-30
18:28 ペテロが(イエスに)言った、「でも、わたし達はこの通り、自分の持ち物をすててあなたの弟子になりました。」
18:29 彼らに言われた、「アーメン、わたしは言う、神の国のために家や妻や兄弟や親や子を捨てた者で、
18:30 この世でその幾倍を、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。


塚本訳マコ 10:29-30
10:29 イエスは言われた、「アーメン、あなた達に言う、わたしのため、また福音のために、家や兄弟や姉妹や母や父や子や畑をすてた者で、
10:30 今、この世で──迫害のうちにおいてではあるが──百倍の家と兄弟と姉妹と母と子と畑とを、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない


塚本訳マタ 19:27-30
19:27 その時、ペテロが口を出してイエスに言った、「でも、わたし達は(あの金持とちがいます。)この通り何もかもすてて、あなたの弟子になりました。わたし達にはいったいなんの褒美があるのでしょうか。
19:28 イエスが彼らに言われた、「アーメン、わたしは言う、新しい世界が生まれて、人の子(わたし)が栄光の座につく時には、わたしの弟子になったあなた達十二人も十二の王座について、イスラエル(の民)の十二族を支配するのである。
19:29 そしてわたしのために家や兄弟や姉妹や父や母や畑をすてた者は一人のこらず、(この世で)その幾倍を受け、また(来るべき世では)永遠の命をいただくのである
19:30 しかし(決して油断をしてはならない。)一番の者が最後になり、最後の者が一番になることが多い。


●上記の平行記事を比較すると、ルカ(原型らしい)には「妻を捨てる」とあるが、マルコとマタイには欠落している。これは妻を捨ててはいけないことと、捨てた場合百倍の妻を与えられるというのはおかしいということから(マタイ?、マルコ?の)写本筆記者の気の弱さから勝手に変えたのではないかと想像されている。(この経緯複雑。聖書学の分野)●現実に妻が百人もいたらウルサクてやりきれないだろうなー(笑)●音楽DVDでモーツァルトクラリネット協奏曲。シュミーデル+バーンスタイン+ウィーンフィル●音楽DVDで「ブラームス物語」。大作曲家というのはどうしてこうも生前には不遇な人が多いのだろう●14;30岸サイクル店●18:15妻とピアノの山本先生と共に昭和女子大人見記念講堂で「キエフ国立フィルハーモニー、指揮ニコライ・ジャジューラ」オールチャイコフスキープログラムを鑑賞。ウクライナから来たこのオーケストラはスラブの血を引いているので、本場の音という感じ。イタリア奇想曲、ピアノ協奏曲第一番(ピアノはアリス=紗良・オット、若干19歳の演奏は見事だったので、ブラバーと叫んだ)、交響曲第6番{悲愴」。アンコールはくるみ割り人形から「花のワルツ」。今日はよい演奏会であった。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神は人に救いの願望を起こさせる | Top | 人の子がくる時に信仰はあるか>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/613-780bd506
FC2blog user only
| Top |
0814