to 日記と感想 真に落ち着ける場所はあるか
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


真に落ち着ける場所はあるか ++++++++ 所感

2007/11/18 06:38

071118(日)5時25分起床、朝の黙想「真に落ち着ける場所」●NHKTV3CH「心の時代」。大田愛人牧師の「パウロの手紙」●昨日のクラス会は57年も前の小学生時代の旧交を温めた会で楽しかった。人生のささやかな喜びのひとつである。しかし横浜線での帰途、何か満たされないものを感じた。それは若き日に通った「教会」の帰途の感情と同じであった。「何か満たされない」。●これはなぜであるかを黙想。それは「人間の集まり」であるからだと思う。●人間の集まりに憩いなし。そこでは落ち着けない。その数々。クラス会、趣味勉強会、サークル、スポーツ、ダンス、飲み会、同窓会、恩師会、家庭、家庭団欒、愛人、思想行動団体、習い事、然り、社交団体としての教会、無教会集会!●人間的集まりに憩いなし。●内村、塚本、黒崎、矢内原の集会に大勢の人が集まったのは、人間を拝む擬似礼拝であったから。その結果、それらの先生が死ぬと蜘蛛の子を散らすように分散する。あるいは四分五裂する●ではどうすればよいか。まず個人の祷り、次に聖書。集まりは聖書を中心にすること。「聖書の周辺」に関する頭で勉強してきた話は長続きしないものだ。それは大脳皮質の知識であって命がない。●個人が深く神と交わること。聖書を読むこと。真の信仰を持っている人と心の交わりをすること。


塚本訳ヨハ 6:68
6:68 シモン・ペテロが答えた、「主よ、(あなたを離れて)だれの所に行きましょう。永遠の生命の言葉はあなただけがお持ちです(から)。


●集会は、川上、村上、望月●杉崎さん(94歳)にギリシャ語ソフトの件●杉崎、小寺、高橋で問題を懇談しながら帰る●山口、小寺夫妻、私たちで昼食●妻は「メサイア」の練習。今日から次男の守が参加●パソコンのデータの一部が消えたのでノジマデンキの柳沼崇之氏がサルベージ(救出)が試みたが失敗。かなりのデータが消えた。自分のせいですと平謝りされた。その誠意に打たれた。●湯浅先生から、「パソコン直りましたか」とのお電話をいただいたので、「大切なことは有体的(紙か粘土板)に残さないと安心しない」と申し上げた。●イエスの十字架も復活も「史実」。目に見えることであった。ただし復活は霊眼。福音が精神的なものであttら、信用できない。それは電子データのようにすぐ消えるから。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<バッハ「イエスよ、わが喜び」 | Top | 神は人に救いの願望を起こさせる>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/615-aa4e201b
FC2blog user only
| Top |
0814