to 日記と感想 負わされる十字架
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


負わされる十字架 ++++++++ 所感

2007/11/20 06:58

071120(火)5時半起床。朝の啓示「負わされる十字架」●朝風呂で日経「私の履歴書」は野村証券元会長の田淵節也。・・・・・・人材の野村。企業発展の秘訣は人材の育成。そこで社内研修の充実と海外留学を積極的に行う。それと若返り。会議で居眠りしている年齢の人間には退職金を弾んでさっさと辞めてもらった。「野村は日本で最も多くの社員を留学させた会社」、「金融機関が再編に巻き込まれる中で、野村が名前も実態も継続している理由を一つだけ挙げれば、人材がいたからだと思う」と言う。・・・・・教育は100年の計だ。●日経第二部。インタビュー「八塩圭子」。テレビ東京に入社、あちこちまわされるがそれがすべて「経験」となり、9年目で退社。フリーになり、社会人大学院に入って勉強、MBA取得。現在は関西学院大学で准教授も務める。「日本には会社に尽くさせる文化があるが、若い人はそういう文化にはついていけない。会社を自己実現の場と考える若い社員の気持ちを認めることが必要」という。・・・・苦労人の言葉だ●今朝の啓示「負わされる十字架」について黙想。これは次回の集会の話のテーマにしよう。その骨子。


「十字架を負え」という言葉はイエスの真正の言葉か。イエスまでさかのぼるのか。


「十字架は負えるものなのか」


「負いきれない十字架に意味があるのではないのか」


「十字架を負う仲間。同病相哀れむ」


●14:50 昭和女子大で建築の講義。BC450頃の歴史家ヘロドトスの「歴史」に積算とおぼしき記事があることを講義。●みんながケンタッキーフライドチキンを買うとき「何個買っていこうか」と考えるのがそもそも積算の本質だ」と話すと急に目がこちらを向いた。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<林文雄という人物 | Top | バッハ「イエスよ、わが喜び」>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/617-caa4a052
FC2blog user only
| Top |
0814