to 日記と感想 林文雄という人物
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


林文雄という人物 ++++++++ 所感

2007/11/21 13:25

071121(水)6時起床。朝の啓示「礼拝ということ」●朝風呂で日経「私の履歴書」は野村証券元会長の田淵節也。大蔵省との戦い。・・・・歯に衣を着せない話はおもしろい。「大蔵省にはあきれた」とか(野村の方針の通りいっていたら)「日本の金融の構造改革は10年は早まったと思う」と言う。田淵氏は大蔵省や銀行に比べて地位の低かった証券業界の地位を高めた功績がある。・・・・・・地位の低い職業の地位を高めるのは「天、地、人」の三要素が大切。このうち最大のものは「人」である。その「人」は大脳皮質の雑学知識を肥大させる現代の教育システムではダメだ。霊性を高める宗教に目覚めなければ、「金儲けにも!!」失敗するのだ。●朝の黙示の「礼拝ということ」について朝風呂で黙想。●Jバイブルで「礼拝」をヒット。

ヨハ 4: 21 [塚本訳

イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あなた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。

ヨハ 4: 22 [塚本訳

ただ(同じ神を、)あなた達は知らずに礼拝し、わたし達は知って礼拝している。救いはユダヤ人から出る(のでわたし達だけに神が示された)からである。

ヨハ 4: 23 [塚本訳

しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるのである。

ヨハ 4: 24 [塚本訳

神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」

ロマ 12: 1 [塚本訳

(このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)

ヘブ 9: 14 [塚本訳

まして永遠の御霊の力によって傷のない自分自身を神に捧げたキリストの血が、わたし達の良心を死ぬ行いから清めて、生ける神を礼拝させないことがあるだろうか。

ヘブ 10: 18 [塚本訳

(すでに)こんな(罪の)赦しがある以上、もはや罪のための捧げ物(の必要)はない。(旧約による祭司制度も礼拝の行われる聖所も、全然必要がなくなったのである。)

ヘブ 12: 28 [塚本訳

だからわたし達は(永遠に)揺り動かぬ国を授かったのだから、(神に)感謝しようではないか、それによって敬虔と畏怖とをもって、お気に入るように神を礼拝しようではないか。

●アーソーカ。これだけ読めば「心一杯、胸一杯」である。●日常生活で日曜日ごとに「礼拝」の習慣や癖をつけておけば「人生は成功」である。

塚本訳使 8:27-28
8:27 彼は立って出かけた。ちょうどそこに一人のエチオピヤ人が通りかかった。この人はエチオピヤの女王カンダケの宮内官で、女王の全財産を監理している宦官であったが、礼拝のためエルサレムに行って、
8:28 今はその帰り道であった。車の上に坐り、(声を出して)イザヤ預言書を読んでいた。

●この人は信用できる男である。お金に間違いのない人である。土日に接待ゴルフなどに行かない人である。●男は出世したければ日曜日には礼拝に出ればよい。なぜか。神の霊に触れて良い企画発想(それはひらめき)が浮かぶからである。また「あの人はクリスチャンだ」ということだけで信用を得て商売が繁盛するからである。若い女性は美人になりたければ礼拝に出ればよい。神の霊で洗顔すると顔に輝きが増すからである。ただし痩せることは保証できない(笑)。母親は子育てをゆったりした心で行うには礼拝に出ればよい。なぜか。母親自らの心が安らぎ落ち着くから。●現在のプロテスタント教会、無教会主義集会に「礼拝」の雰囲気なし。あるのは「お交わり」と称するおしゃべり。「聖書勉強」とは名ばかりの雑学の披露。●最近、在京の某女から「某無教会主義集会では落ち着けない」と言われた。然り、そこには礼拝の雰囲気がないからである。個人は「教会」や「集会」に安らぎと落ち着きを求める。それが満たされない教会や無教会主義集会からは遠慮なく人が去る。集まらない。これ市場原理の法則と同じである。●福島の湯浅鉄郎先生から電送された「加藤常昭牧師の講話」の音声データ「林文雄」を妻と拝聴。ショック。こういう生涯こそ「主に捧げた生ける礼拝」だ。その夫人の林富美子さんはこれまたハンセン氏病患者のために尽くされたという。●林文雄(1900-1947)についてさらに知りたく思って「検索エンジン」で調べると以下の記事に出会った。中村圭助牧師の「説教」である。
●「林文雄はクリスチャンの家に生まれ、札幌の帝国大学医学部に入学し、やがてお父さんの関係で医科大学の教授になる道が用意されていたようである。しかし彼は在学中にハンセン病のことを知り、この研究を自分の使命とするようになった。不治の病とされたハンセン病患者に何とか希望の光をもたらしたいと願ってのことである。卒業と共に、この方面での就職を願った林文雄に、お父さんは大反対であった。帝国大学まで行かせたのは、お前の将来を考えてのことであり、人々が省みることの無い呪われた病のために生涯を棒に振るようなことは許せないということである。お父さんはクリスチャンである前に、一人の父親として息子の将来を案じたのである。ルターの父親が、ルターの前途を心配したのと同様である。しかし文雄の決心は固く、両親の思いに反して、そうすることが神の御心と信じて、ハンセン病患者の治療に全生涯を捧げた人である。」●これが「父を捨て、自分の命を捨てる」道である。そのよい注解である。

塚本訳 マタ 19:29
19:29 そしてわたしのために家や兄弟や姉妹や父や母や畑をすてた者は一人のこらず、(この世で)その幾倍を受け、また(来るべき世では)永遠の命をいただくのである。

●林文雄は結核で47歳の若さで召された。加藤常昭牧師がお訪ねされた夫人の富美子さんは御存命らしい。。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<経験という財産 | Top | 負わされる十字架>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/618-b676e6e8
FC2blog user only
| Top |
0814