to 日記と感想 無教会は砂漠に消えゆく川
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


無教会は砂漠に消えゆく川 ++++++++ 所感

2007/11/27 21:43

071127(火)6時半起床。●風邪気味で朝風呂は中止●朝風呂で日経「私の履歴書」は野村証券元会長の田淵節也。すぐれた人物との交友。・・・・人生は交友で決まる。職場、友人、教会、集会、最大は伴侶。某氏に「ドイツ敬虔主義と無教会主義の関係」に関する文献を送りその最後に次のように書いた。一部改変。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が(無教会主義とドイツ敬虔主義の)主たる文献(ヒルティ著作集再刊の月報10。「無教会主義の系譜としてのヒルティ」高橋照男、1979年など数点)ですが、そのほか、思い出すままに関連事項を書きます。グンデルトが内村を慕って日本に来たのは自分の家系(ドイツ敬虔主義)によく似たキリスト教があると感じたからです。グンデルトは塚本先生とも交流がありましたが、日本に来て仏教に改宗したと思われていました。少なくとも無教会者の間(S先生も)では・・・・しかし私がひょんなことから「そうではない事実」を知って、その後、このことがY氏の解説によって「内村鑑三研究」2002年に発表されました。
2006年、私がドイツに旅をしたとき、ハイデルベルグにて知人からシュナイスという牧師を紹介されました。氏は長らく日本に伝道され、「富坂キリスト教センター」を創立されました。そのハイデルベルグで「ドイツ敬虔主義と日本の無教会」について意見を交換をしました。
またかってこのことについて関根正雄先生とも意見交換しました。そして次は2007.11.23、今井館で「無教会はルターの信仰から何を継承したか」という講演です。講演者はルター研究の泰斗徳善義和牧師がありました。講演の中で無教会とドイツ敬虔主義の関係が指摘されました。私は「我が意を得たり」でありました。これらのことから、ドイツ敬虔主義は無教会と似ているのではなく、関係があることは動かぬ見解になった感がございます。
さて、現在の私はどういう思いかを申し上げます。ドイツの敬虔主義はルターのあとのルター派正統主義教会の膠着状態を批判して生まれた「運動」でしたが歴史の中に消え去りました。しかし音楽(バッハ)賛美歌(P・ゲルハルト)哲学(シュライエルマッハー、カント)聖書学者(べンゲル)近代聖書学(多数)などなど計り知れない深い影響を与えました。一方「真理の発見としての日本の無教会」は今や「虫の息」「無教会難民の続出」で気息庵庵(えんえん)です。かっての敬虔主義がそうであったように日本の無教会主義も「砂漠の中に消える川」(ダイスマン)の運命になると予想します。寂しいが宿命のような気がします。しかし日本の文化文明に深い影響を与えたことは確かです。「派」としての無教会主義は消え去ることは歴史の宿命と思いますが、その影響の深さは神に覚えられると思います。「派」としての無教会を「延命処置」しようとするのは邪道であると解しています。全国に無教会主義集会は2~300ありますが、老齢化とともになぜか北の方から消滅しつつあります。私が無教会主義に出会って36年になりますが、最近はことにその老齢化した集会の姿と消えゆく姿に接するのは悲しいことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●池谷医院で診察。インフルエンザの注射。●音楽DVDでワーグナー「タンホイザー」、最初と第二幕と最後。シノーポリ+バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団&合唱団。ストーリーがすばらしい。タンホイザーに対する献身的な愛をもつ一女性エリーザベットの死を通して罪の赦しに導かれるというもの。すごいなーすごいなー。崇高な愛だ。●ベタベタ愛情の「情死もの」を好む日本とは精神的にダンチだ。●妻は昭和女子人見記念講堂に「ウィーンフィルハーモニア、ピアノ三重奏団」演奏会

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<パウロはパソコンを使うか | Top | SWORDが海外で利用される>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/624-7e6ec0c4
FC2blog user only
| Top |
0814